Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 音楽活動
  4. シンガーソングライターのギャラ適正価格は?給料・収入例も紹介!

シンガーソングライターのギャラ適正価格は?給料・収入例も紹介!

・シンガーソングライターをゲストに呼びたいけど、ギャラっていくらが適正価格なんだろう?
・シンガーソングライターとしてお仕事の依頼をもらったけど、ギャラはいくらで設定したらいいんだろう?

そもそも絶対数が少ない「シンガーソングライター」という存在。
シンガーソングライターにお仕事を依頼してギャラをお支払いすることになった場合には、比べる対象も少ないため、ギャラの適正価格に悩む企業の方も多いのではないでしょうか?

また、その逆もしかりで、シンガーソングライター自信があまり仕事を受けた経験が無い場合、自分のシンガーソングライターとしての価格設定や値段の決め方にも悩みますよね?

このように、ギャラ設定の適正価格については、「依頼主」も「シンガーソングライター」自信も頭を悩ませるポイントだったりします。

しかし、やはりビジネスでお金のやり取りをするからには、できれば「適正価格」を見極めて、ギャラの相談をしたいものですよね…。

優斗
こんにちは!WEBコンサルタントであり、現役のシンガーソングライターをしている優斗です。

ぼくは、事務所には所属していませんが、ギャラをいただいて音楽活動をしていますし、自分で主催をした音楽イベントへ数々のミュージシャンをギャラを払って呼んだ経験があります。

そこで今回は、僕が経験したギャラ・収入例なども交えながら、シンガーソングライターへのギャラ適正価格についてご紹介をしていきます!

 

最初にお伝えしておきますが、シンガーソングライターに対する適正なギャラ価格などは存在しません。
なぜならば、シンガーソングライターのギャラ価格に、相場など存在しないからです。

しかし…。
シンガーソングライターの適正なギャラを設定するために、考えるべきポイントは存在します。

目に見えるものではないシンガーソングライターという存在に対する価値

この記事でご紹介するのは、もしもあなたが「依頼側」でも、「シンガーソングライター側」でも、ギャラ設定をする上で、最低限押さえておきたいポイントになりますので、この機会にしっかりと理解を深めてみてはいかがでしょうか?

きっと、参考になるはずですので、どうぞ最後までご覧下さい!

【この記事に関する動画での解説はこちら】

シンガーソングライターへのギャラ適正価格は?給料・収入例も紹介!

シンガーソングライターへのギャラ適正価格は?給料・収入例も紹介!

優斗
「お金のやり取り」って、今後の関係にも響くものなので、しっかりと「基準」を持っておきたいですよね…!

 

そもそも、シンガーソングライターにおける「ギャラの価格設定」となる基準はなんなのでしょうか?

その答えを考えるためには、「お金とは?」といったところから考える必要があるのかもしれません。

「お金」というのは、「信用」を数値化したものであるということを、あなたは正しく認識されていますか?

お金がまだこの世の中に存在していなかった頃は、「物々交換」で人々は助け合って生きていました。
この「物々交換」が成り立つためには、「自分が与えられるもの」と「相手からもらえるもの」が同じ価値であることが条件になります。

しかし、例えば「物」と「食べ物」を交換した場合などには、それぞれの寿命が違うため、長い目で見たときに「価値」が釣り合わなくなります。(※食べ物は腐ってしまうためです。)

そこで、それぞれの物の価値を「共通の基準」で測るために生まれたのが「お金」です。

お金は、「石」→「貝殻」→「金貨」→「紙幣」へと姿を変えていき、今ではクレジットカードや、仮想通貨のような「データ」としてやり取りされるまでになりました。

このように、物質としてすら存在する必要が無くなった「お金」の価値を決めるものは、もはや「このデータには価値がある」ということを皆が認めているという「信用」だけです。

しかし、そもそもこの「お金=信用」というものは、お金という存在が誕生した瞬間から何も変わっていません。

このように考えると、シンガーソングライターが仕事として提供することができる「音楽」という存在は、物質的なものではありませんが、お金のやり取りが発生するからには、そこには「信用」という存在が必要となると言えます。

つまり、シンガーソングライターに対する適正な価格のギャラを考える上で、基盤となるものの考え方というのは、そこに存在する「信用」をお金という「数字」で具体化させるだけの行為であるということになります。

少し回りくどく感じられたかもしれませんが、シンガーソングライターのギャラ設定をするうえで、とても大切なポイントとなりますので、冒頭でしっかりとお伝えさせていただきました。

では、ここからは、この「信用」というものを数値化するための具体的な方法についてご提案させていただきます。

シンガーソングライターのギャラ適正価格は?

「絶対数が少ないがために、適正価格が決めにくい」という側面をもつシンガーソングライターのお仕事。

しかし、シンガーソングライターのギャラ適正価格を導き出すためには、「シンガーソングライターだから…」と変に考えすぎず、「仕事」とシンプルに割り切って考えるだけで、適正な価格というのは見えてきます。

例えば、月収30万円のサラリーマンの場合で考えて単純計算すると…

1日あたりの給料=30万円÷30日=10,000円

ですよね?

ということは仮に、ライブなどのお仕事を依頼をする場合には、最低でも10,000円以上というのが、一つの目安になるのではないでしょうか?

依頼主
なるほど…。ということは、「1時間の演奏」という仕事を依頼するときには、1時間分の時給を払えばいいんだよね?
優斗
ちょ、ちょっと待ったーー!!確かに、演奏は1時間かもしれないけど、「待機時間」「移動時間」の他にも、当日に向けて「準備時間」もかかっていることを忘れてはいけないよ!!(汗)

 

「時給計算」がシンガーソングライターのギャラを価格を考える上で、当てはまりきれない理由がここにあります。

単純に「1時間の演奏」という仕事をするにしても、本番の前後でもシンガーソングライターの時間は拘束されています。
その部分にもしっかりと目を向けて、ギャラの値段設定を考える必要があります。

なので「一つの案」としては、次のような計算式を活用してみてはいかがでしょうか?

「時給」×「当日の拘束時間」+「交通費」+「準備時間」=ギャラ

これがシンガーソングライターのギャラを考える上での、基本的な価格設定方法ではないでしょうか?

この考え方は、シンガーソングライターだけに言えることではなく、ゲストをお招きするような状況でも応用できるかと思います。

そして、基本的な価格設定の仕方が分かったところで、次は応用編になります。

ここからは上記の計算式に、そのシンガーソングライターが持っている「付加価値」を掛け算していくイメージです。

例えば、付加価値の例としては下記のようなものが考えられます。

・知名度
・集客力
・話題性
・権威性
・信用度 etc…

企業などのイベントにシンガーソングライターを呼ぶ主な理由としては、「集客数の向上」「イベントの盛り上がり」「企業のブランディング」などの要素が挙げられるのではないでしょうか?

そのように考えてみると、上記で挙げた「付加価値」と、「シンガーソングライターを呼ぶことによって得られるであろう、企業としてのメリット」を天秤にかけた上で、ギャラ価格設定を行う必要があります。

メジャーで活動している知名度の高いシンガーソングライターを呼べば、反響もかなりのものでしょうし、企業としてもギャラとしてお支払いした以上のメリットがあれば、ビジネスとしてしっかり成り立ちます。

逆に、無名に近いシンガーソングライターの場合でも、知名度がないだけで、素晴らしいセンスを持つアーティストは、たくさんいますので、「イベント全体の盛り上がり」や、「企業のブランディングイメージ向上」に大きく貢献してくれる可能性があり、十分にメリットのあるビジネスとして仕事を依頼することができるのではないでしょうか?

給料・収入例も紹介!

優斗
フリーのシンガーソングライターとして活動する僕の給料・収入例をご紹介します!

 

ぼくの場合、ライブ演奏のお仕事を依頼していただいた場合には、3万円を基準にご相談をさせていただいております。
これも、上記の計算式に当てはめて考え出した料金設定です。

しかし、冒頭でお話させていただいたとおり、「『お金』というのは『信頼』を数値化したものである。」というのが、ぼくの考え方になりますので、ご依頼して下さる方との「信頼関係」を第一優先事項として考えています。

なので、あくまで3万円というのは「基準」でしかありませんし、僕の考えるシンガーソングライターとしての「付加価値」が高まれば、この基準が変わることもあり得ます。

実際に、ぼくは今まで100回を超える音楽イベントを主催してきた実績がありますが、その中で交流があったプロミュージシャンの皆さんも、同じ考え方でご自分の値段設定をしていました。

シンガーソングライターの中には公式サイトなどで、しっかりとこの基準を明記している方もいらっしゃいますし、問い合わせをいただいた方のみにお伝えしているという方もいらっしゃいます。

さらには、使用機材や衣装、スタッフの数などで細かく設定をしている方もいらっしゃいますので、「付加価値」の付け方は人それぞれということになります。

なので、上記でお伝えした「基本的な価格設定の仕方」の計算式をもとに、おおよそのギャラ価格をイメージしたうえで、シンガーソングライターと直接ギャラ交渉をするというのが、最も理想的な相談方法ではないでしょうか?

ちなみに、ぼくの場合には、出演料としていただくギャラの他にもCDなどの物販がありますので、そちらからも収入を得ることができています。

シンガーソングライターの「ギャラ」に対する意見を調査!

シンガーソングライターの「ギャラ」に対する意見を調査!

優斗
シンガーソングライターの「ギャラ」を考えるには、「実際のシンガーソングライターの意見」を参考にするのが一番ですよね!

 

ということで、シンガーソングライターとしてギャラをいただいた経験がある方の「声」をネットで調査してみました!

皆さん「付加価値」に対する考え方はそれぞれのようですので、「シンガーソングライターのギャラ」に関して悩んでいるという方は、参考にされてみてはいかがでしょうか?

https://twitter.com/traum_katze/status/726810397454426113

この意見には深く賛同できるものがあります。
機材が少なく、場所を問わずに幅広く仕事を受けられるシンガーソングライターという音楽の働き方は、小回りが効くしビジネスチャンスもたくさんあります。

「ギャラを提示すると『え、お金いるんですか?』と言われると私もショックですね。」

この状況は、信じられないけど「あるある」なんですよね…。(笑)
引用ツイート内にもありますが、そんな依頼主さんは飲食店でも「無料依頼」するんでしょうか?

目に見えないものでも、その人に依頼をするということは「時間を頂く」ということ。

「時間=寿命」です。

それが、「無料」扱いされたら起こりたくなる気持ちも当然のことです。

お金の話を嫌う方もいますが、それは「きれいごと」だと思います。

むしろ、お金の話ができてこそ、はじめて「プロ」になれるのでは?

こちらの方のご意見にも、すごく共感できる部分がありました。

おわりに

優斗
今回は「シンガーソングライターへのギャラ適正価格は?給料・収入例も紹介!」と題して、お送りさせていただきました!

 

「音楽」という目に見えないものの金額設定をするときは、悩んでしまうこともありますが、この記事内で触れたように、そもそも「お金」というのは「信用」を数値化したものに過ぎません。

しかし、「時間=寿命」を使って仕事としてご依頼を受けるからには、そこには「価値」が必ず発生します。

そして、この価値をしっかりと受け取ることで「信頼関係」が双方に成り立ちますので、ビジネスとして成立することができるんです。

また、あなたがシンガーソングライターとして活動する上で「付加価値」の要素を向上させたいのであれば、様々なやり方があります。

中でも最もシンプルであり、かつ長い目で見たとき資産になってくれるのは、やはり「ファン」という存在を増やすことです。

ファンが多くいるミュージシャンは、必然的にギャラのもらえる仕事に出会えるチャンスも広がりますし、大手の事務所から声がかかるという可能性も高くなります。

ですが、そもそも「集客できないことで悩んでいる…」という状態の方も多いのではないでしょうか?

もしも、あなたが「集客」に悩んでいるのならば、「ある方法」を知っているかどうか?だけでかなり、集客力が変わってきますので、気になった方はこちらの記事も参考にされてみて下さいね!

参考:バンドの集客力UP方法&SNSの使い方完全攻略!ライブを満席に!

それでは、今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

また、もしも今のあなたが

・音楽活動からの収益も増やしていきたい。
・シンガーソングライターを仕事にしていきたい!
・WEBを上手に使って、自分の作品ももっと多くの方に届けたい!

これらに少しでも興味があるのならば、僕が「シンガーソングライター」×「ケアマネ」×「パパ」という多忙な日々の中でも、どのようにブログに取り組んできたのか?を無料メルマガにまとめて配信していますので、よろしればご覧になってみて下さいね!

↓無料メールマガジンのご登録は下記からどうぞ↓





         
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Profile


Dual Work Designer:優斗
 
1989年生まれ、生粋の岩手県民。
 
長男の誕生により「家族との時間を増やしたい」と思い、ケアマネジャーとして働く傍ら、こっそり副業で始めたブログがキッカケとなり独立起業。
 
ブログを始めて1年で
年商1200万円を達成しました。
 
現在は、
WEBを使った働き方で手に入れた
自身のライフスタイルから
 
「今の暮らし」×「理想の暮らし」
=DUAL LIFEを実現したい!
 
という方に向けて、
WEBビジネス初心者でも、
ブログ集客の方法を最短で身につけて
結果を出せるコンサルティングサポートを実施中。
 
>詳しいプロフィールはコチラ

特集記事

無料メルマガ登録でプレゼントをGET!