Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 音楽活動
  4. バンドの集客力UP方法&SNSの使い方完全攻略!ライブを満席に!

バンドの集客力UP方法&SNSの使い方完全攻略!ライブを満席に!

・いくら歌ってもライブにお客さんが来てくれない…
・客のいないライブはもう、こりごり…
・SNSを使ったバンド集客が分からない…

・本当はライブハウスをお客さんで満席にしたい!
・自分の音楽をもっと多くの人に聞いてほしい!

やはり、ミュージシャンとしてステージに立つ以上は、お客さんがたくさんいる場所で歌いたいものです。

「例え一人でもお客さんがいるのなら、その一人のために歌うぞ!!!」という気持ちは大切ですが、実際はお客さんがいない場所で歌うだなんて虚しさしかありませんよね。(笑)

そう、ミュージシャンとしてバンドやシンガーソングライター、歌手として活動している人ならば、誰しもが「もっと集客力を上げたい!」と思っているはずです。

優斗
こんにちは!シンガーソングライター×WEBコンサルタントとして活動をしている優斗(@yuto_duallife)です。

ぼくは、10年以上アマチュアミュージシャンとして活動してきましたが、WEBの知識を身に着けて集客の仕組みを作ることができたおかげで、現在はフリーのシンガーソングライターとして活動することができています。

僕は、10年ほどシンガーソングライターとして活動をしてきましたが、その活動の中で「実力はあるのに集客力の無いミュージシャン」にたくさん出会ってきました。

そして、その中には「実力は無いのに集客力があるミュージシャン」(※失礼)にもたくさん出会いました。

このことから僕が気づいたのは、「良いミュージシャン≠集客力があるミュージシャン」ではないということです。

この「謎」は、集客力をUPさせる方法に悩んでいるミュージシャンならば、誰しもが一度は感じたことがある悩みではないでしょうか?

SNSが発達したことにより、「本気でミュージシャンをするなら上京すべき」という考え方はもう古くなりました。
なぜなら、どこにいても自分の活動を発信することができるようになったからです!

しかし、逆に言えばSNSすらも上手活用することができないバンドマンやミュージシャンは、これからの世の中で生きていくことすら厳しくなるということでもあります。

そこで今回はWEB集客のプロでもあり、現役で活動するシンガーソングライターの僕が、バンドマンやミュージシャンが活用できる、「SNS集客の極意」をお伝えします。

この方法を完全攻略することができれば、ライブハウスをお客さんで満席にするということも可能になりますので、ぜひご活用下さい!

(※この記事でお伝えする方法は、あなたのミュージシャンとしての実力に比例して効果を発揮できるものになります。)

バンドの集客力UP方法!ポイントは「ファン化」?

バンドの集客力UP方法&SNSの使い方完全攻略!ライブを満席に!

バンドの集客力をUPさせる方法。
その最終到着点は、「ファン化」させることにあります。

これができれば、どんどんお客さんを集客することができて、ライブ会場をお客さんで満席にすることが可能になります。

し・か・も、無理に友人や仲間のバンドマンをライブに誘ったりしなくても、集客することができるようになるんです!

“バンドマン”
いやいや…。メジャーデビューしている訳でもないミュージシャンやバンドマンにはそんなの無理でしょ?(笑)

 

優斗
そんなことないよ!大切なのは、「集客の仕組み作り!」それをしっかり構築することができれば、必然的に集客力はUPするよ!

 

そう「集客」というのは、ライブの度に一時的に本気を出して行うものではなくて、日々の活動の中から仕組みを構築することが大切なんです!

ここを間違えて認識している方が多いので、もしもあなたもその状況になっているのならば、この機会に改善しておいた方が良いでしょう。

ライブが決まったときにだけ「ねぇ!ねぇ!今度ライブ決まったら遊びにきてよ〜」と友人・知人を誘うのは、うざいと思われても仕方がありません。

本来、ライブというの「行きたいから行くもの」です。
そんな誘われ方をしたお客さんをたくさん集めたとしても、お客さん自身が「やらされてる感」を感じてしまっている状態なので、本当の意味での「盛り上がり」を創ることはできないでしょう…。

バンドマンがマーケティングを覚えると最強になる?

バンドマン
え??マーケティング??なんで、バンドマンなのにそんなもの覚えなきゃいけないの??

 

優斗
集客したいバンドマンならば、マーケティング的思考は勉強しておくべきだね!

でも、本来「ミュージシャン」というのは、「=音楽を創る人」のことだから、無理に覚える必要はないよ!

なぜならこれは、ビジネスマン的な考え方になるからね!

 

バンドマンにおけるマーケティングとは一体どんなものなのでしょうか?

ここでは、WEBコンサルタントとしても活動する僕が、WEBマーケティングの基本となる手法を、バンドマンやミュージシャンの集客にも応用する方法としてお伝えします。

この部分がこの記事で最も大切といっても過言ではありませんので、しっかりと理解を深めていただければと思います!

「ファネル」で集客の全体像を把握しよう!

バンドマンがマーケティングを覚えると最強になる?

まずは、上記の図をご覧下さい。
これが「ファネル(漏斗)」と呼ばれる集客の全体像になります。

バンドマン
んん??なんか、いきなり説明が難しくなったな…

 

優斗
大丈夫!ただの「イメージ図」だと思って、気軽に聞いてね!

 

これは、バンドマンやシンガーソングライターなどのミュージシャンにだけ言えることではありませんが、全てのビジネスにおける「集客」の仕組みの基本となる考え方がこの「ファネル」と呼ばれるものになります。

この図にもあるように、「認知」の受け皿が大きくなればなるほど、あなたというミュージシャンを見つけてもらいやすくなり→そこで提示している楽曲などに魅力があるものならば、「興味・関心」を抱いてもらえます。

そして、あなたに対する興味・関心が高まったとき、あなたのライブに「行ってみたい!」と「検討」して下さった方が、ライブのチケットを「購入」してくれるというわけです!

豆知識「ファネル」というのは、まるで漏斗でふるいにかけられた見込み客が、「限られた一滴」を絞り出すかのように、徐々に集約されていく様子からこの名前が付いています。

この流れを下記のやり取りで振り返ってみましょう!

【「認知」の段階】

優斗
各種SNS(YouTube、Twitter、Instagram、Facebook、ブログetc…)またはメディア(テレビ、ラジオ、新聞etc…)で音楽活動情報を発信〜!

 

何かしらの媒体であなたを見つけてもらうことができれば…

女性
 ん?このアーティスト誰だろう?

上記のように、あなたに気づいてもらえる!

【「興味・関心」の段階】

女性
優斗さんが気になるな…。そうだ!YouTubeで動画とか配信してないかな?ライブはしてるのかな?CDは?グッズは?

このように、気になったミュージシャンがいれば、ファンはどんどんあなた「情報」を得たくなります。

【「検討」の段階】

女性
あっ!今度ライブがあるんだー!行ってみようかな…?

そして、興味・関心が最大限に高まったとき…。
「ライブ」という「商品」の購入を検討してもらえます。

【「購入」の段階】

女性
よし!思い切ってライブに行ってみよう!!!

こうして「チケット」を購入してもらうことができました!

いかがでしたでしょうか?
これが、一般の方があなたというミュージシャンの存在を「認知」して、ライブという商品を「購入」してくれるまでの流れです。

そして、この流れを繰り返すことで、そのお客さんはあなたの「ファン」になっていきます。

「当たり前でしょ?」と思われたかもしれませんが、ここで気づいていただきたいのは、集客における最も大切なものは「認知」の受け皿を広げることだということです。

そもそも、あなたというミュージシャンを知ってもらわなければ、「出会い」も「ご縁」もありません。

では、この「認知」の受け皿を広げるためには、どうしたら良いのでしょうか?

次に、具体的な方法をご紹介していきます!

集客を「仕組み化」する

上記の流れで一度あなたのライブに来てくれたお客様に次のような質問をされたら、あなたは「情報」を提示する術を持っていますか?

女性
今日のライブ最高でした!次はどこで・いつライブするんですか??また来たいです!

 

一度「ライブ」という商品を購入して、あなたへの興味関心が更に高まっているお客様には、また何度でもライブに来ていただきたいですよね?

そこで、せっかく声をかけて下さったお客様に対して、自分たちの活動情報をいつでも届けることができるように、バンドマンやシンガーソングライターなどのミュージシャンは、提示できる「情報源」を持っていなければなりません。

もしも、この提示できる「情報源」がないと…

優斗
あ、ごめんなさい。ぼくSNSもブログも何もやってないからお伝えできるものが何も無いんです…

 

なんてことになりかねません…。

これでは、せっかくリピーター(顧客)になってくれそうな方が現れたのに、お客さんを逃してしまうことになるだけではなく、そのお客さんの気持ちに対しても失礼です。

さて、ここで重要になってくるのが「集客の仕組み化」という考え方になります。

下記の図をご覧下さい。

バンドの集客力UP方法&SNSの使い方を攻略!ライブを客で満席に!!

この図は、各種SNSを最も効率的に組み合わせて活用する方法です。

このように、様々な入り口を作り、未来のファンになる人をあなたの「ブログ(=HP、サイト)」に誘導します。

この仕組みが完成すると、上記のように新しいお客さんに声をかけられたときにも、あなたの最も濃い情報源(=ブログ)を提示することができます。

またブログをお伝えすることで、お客さんにとってもメリットがたくさんあります。

・各種SNSの情報を全て把握することができるようになる。
・CDやグッズの情報を網羅できる。
・ライブ情報を逃さずキャッチできる!
・友人にも紹介しやすくなる。etc…

今の時代、SNSを何一つとして利用していないというバンドマンやミュージシャンはいないかと思いますが、きっとこんな状況になっている人は多いのではないでしょうか…?

バンドマン
「Twitter」も「Instagram」も「YouTube」もやってるけど、どれをどう活用したら良いか分からないよー!(汗)

 

これは、ブログという全ての情報をまとめておける「中心」となる媒体を持っていないがために、「SNSの情報がただ散らかってしまう」という状態です。

しかし、「ブログやHPが重要なのは分かっているけど、作り方や運営の仕方が分からない…」という方も多いのではないでしょうか?

「ブログ」と一言で言っても、「アメブロ」や「はてなブログ」のような「無料ブログ」から、「WordPress」というブログソフトを活用して作成する「有料ブログ」と呼ばれるものがあります。

ミュージシャンやバンドマンの中には「ブログなんかにお金をかけていられない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、ぼくは「有料ブログ」を活用することを強くオススメします!(※ちなみにこのブログも「有料ブログ」です。)

なぜなら、無料ブログはある日突然、削除されてしまう危険性があるからです…。

ちなみに「『無料ブログ』と『有用ブログ』はどう違うのか?」についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。
>>>ブログは無料と有料どっちが良いの?理由を簡単解説!

そして、実は僕が有料ブログの運営を強くオススメしたいのには、もう一つ大きな理由があります。

それは…
有料ブログならば、ブログから収入を得ることができるからです!

「え?ブログから収入を得られる?って芸能人だけの話じゃないの?」と思われたかもしれませんが、正しい運営方法を知った上でブログを運営することができれば、無名の素人でも、ちゃんとブログから収益を上げることができるんです!

やり方は様々ありますが、僕はブログを活用して月に110万ほど稼いだことがあります。
信じられなかもしれませんが、これがブログのパワーです。(笑)

メルマガ登録者様限定で、有料ブログを知識0の初心者でも、迷わず立ち上げることができる「ガイドブック」を無料プレゼントしていましたので、ご興味のある方はぜひ登録してみて下さいね!

バンド集客における「SNSの使い方」を攻略!

バンド集客における「SNSの使い方」を攻略!

バンドマン
SNSっていっぱいあるから、どれを使ったら良いか分からないんだよな…

 

こんな悩みはありませんか?

「あの人がTwitterをやっていたから始めてみたけど…」
「先輩がYouTubeを配信してたから、登録をしてみたものの…」

こんな状況になっている方も多いかと思います。

SNSを活用する最大のメリットは、「認知の受け皿」が広がることです。

なので、SNSを攻略する上で、大切になってくるのは「どれを使うか?」よりも、「どう使うか?」なのです!

様々なSNSを同時に運営して、しっかりと活用することができるのならば、それでも良いでしょう。
しかし、「SNSよりも楽器の練習の時間を増やしたい」という方は、どれか一つに絞って活用していくことをオススメします!

効果を最大限に発揮するには「一点集中」が大切です。

バンドマンにオススメのSNSは?

バンドマンにオススメできるSNSがあるとすれば、やはり「音楽を届けることができるもの」ではないでしょうか?
つまり、動画や音声を配信できるSNS」ということになります。

…と、いっても。
最近ではほぼ全てのSNSで動画や音声の配信は可能です。

そこで、判断基準として考えていただきたいポイントは、あなたのターゲット層が利用しているSNSを使うということです。

ちょっと極端な例を挙げて考えてみたいと思います!

例えば、あなたが「演歌歌手」だったなら、きっとターゲット層はシニア世代になりますよね?
それなのに、発信に重きをおくSNSがInstagramだったらどうでしょう?

シニア世代の中には、スマホにすら抵抗感を感じている方も多いはずなので、あなたが発信するInstagramの情報には、気づいてすらもらえない可能性があります…。

むしろこの場合なら、SNSではなくて「新聞」や「ラジオ」といったメディアを活用していくことを考えた方が効果的かもしれませんよね?

このように、あなたが行っている音楽のジャンルや、ターゲット層によって適している発信方法は大きく異なってきます。

バンドマン
なるほどな…。でも、まだどのSNSを使ったら良いか悩んじゃうな…。。。

 

優斗
そんなときは、「尊敬するアーティスト」or「ジャンルの近い売れているアーティスト」が利用しているSNSを選んでみたら良いよ!

 

「売れているアーティスト」=「集客ができるアーティスト」と考えることができるので、自分と「ジャンルの近い売れているアーティスト」が使用しているSNSを利用することで、自分の音楽にも興味を持ってくれそうな方に情報を届けられる可能性が高まります。

また、「尊敬するアーティスト」が使用しているSNSを活用するメリットとしては、仮にあなたがSNSに抵抗感を感じていたとしても、「憧れ」という気持ちからSNSを始める“きっかけ”を作りやすいからです。

つまりこれらを要約すると、あなたというミュージシャンに最も適しているといえるSNSは…
①あなたとジャンルの近い売れているアーティストが使用していて②あなた自身が無理なく続けられるものということになります。

ライブをお客さんで満席にする「ファン化」ノウハウ!

ライブをお客さんで満席にする「ファン化」ノウハウ!

優斗
自分のファンだけで満席になったライブ会場は、本当に嬉しいし、ありがたいものです。

 

ライブ集客の方法について検索をしたとき、「見込み客」とか「固定客」という言葉を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

新規のお客さんがあなたの固定客(リピーター)になること…。
それはつまり、新しいあなたのファンが増えるということです。

では、そもそもなぜ新規客をファンとして固定客にしていく必要があるのでしょうか?

そこで、また登場するのが「ファネル」の考え方になります。
もう一度この図を見て下さい。

ライブをお客さんで満席にする「ファン化」ノウハウ!

「認知」→「購入」に至るまでに、受け口が狭くなっていることがお分かりいただけるかと思います。
上記の図で言えば「購入」の部分を「ファン」という言葉に置き換えて考えてみることもできますよね!

つまり、あなたのことを「認知」してくれた人たちの中でも、最終的にファンになってくれる人は「ごく一部だけ」ということになります。

しかし、この「ごく一部」の存在になってくれたファンは、上記の図にもあるように、あなたの情報を積極的に「共有」してくれる存在にもなります。

「口コミに勝る広告は存在しない」と言われているほど、大昔からビジネスにおける「口コミ」の存在は重要視されてきました。

バンドマン
たしかに…。仲間から勧められたミュージシャンを好きになっちゃったことあるもんな〜…。

 

優斗
そうそう、そういうことだよ!

 

このように「口コミ」による影響力が強い理由は、「信頼関係」にあります。
信頼関係が成り立っている親しい友人から勧められたものほど、強く興味を惹くものです。

そして、これは「ミュージシャン」と「ファン」という関係性においても同じことが言えます。

「あなたというアーティストを知ったばかりの人」よりも、「何度もライブに来て下さっているお客さん」の方が、あなたとの信頼関係は成り立っている状態になりますよね?

さらに、この「ファン」の状態になってくれている人は、あなたの商品に対する購入意欲も高い状態と言えます。

なので、この状態に達してようやく、商品の宣伝をしても良いということになります。

この「信頼関係」という考え方が分かっていない人こそ、知人や友人に対して「ねぇ。今度ライブするんだけど遊びにこない?」と伝えてしまうから「うざい」と思われるのです。

では、「ファン」という存在はどこで戦引きをするのがベストなのでしょうか?

考え方は人それぞれだとは思いますが、僕の場合には「LINE@の登録者」をファンとして考えるようにしています。

なので、一番側で支えて下さっているLINE@ご登録者の皆さんには、

・新着ライブ情報
・新譜情報
・限定動画の配布
・特別企画への招待
・個別メッセージのやり取りetc…

など、「ここだけの限定」という「特別感」を作り、より僕というアーティストを楽しんでいただけるような環境作りを心がけています。

ぼくの場合はLINE@ですが、それが「メルマガ」でも「招待制のオンラインコミュニティ」でも構いません。
大切なのは、ファンにまでなって下さった方々に「この人のファンになって良かった」と思っていただける「価値」をしっかり提供することです。

これらを踏まえた上で、最も最適な「ファン化ノウハウ」とは、下記の3ステップになります!

【ステップ1】SNS等で「認知」してもらいブログへ誘導

【ステップ2】ブログでさらに、「興味・関心」を高める

【ステップ3】LINE@などに招待!「ファン化」完了!

この流れであなたのことを支えてくれる「ファン」を増やしていくことが可能となります。

ファンになって下さった方々は、あなたの情報に対して「ウェルカム状態」です!
なので、遠慮なくライブの宣伝やCD・グッズなどの商品を宣伝できます。
そして、このようなファンが増えれば増えるほど、あなたのライブにはお客さんが自然と集まるようになるのです。

この仕組を作ることができれば、もう知人や友人に無理に集客の協力を依頼する必要もなくなりますし、ライブの熱量が上がるばかりか、物販も売れ始め、活動資金にも余裕が生まれます。

資金的な余裕が持てるようになれば、新しい曲のレコーディングやワンランク上の機材の購入もできますよね?

このように、集客力がUPすると、全てのものが円滑に回りはじめるので、さらにクリエイティブな活動に専念することができるようになりますよ!

おわりに

優斗
今回は「バンドの集客力UP方法&SNSの使い方を攻略!ライブを客で満席に!!」と題して、お送りさせていただきました!

 

「集客」に悩むバンドマンやシンガーソングライターは、本当に多いものです。

そんな「売れないミュージシャン」に共通していることは、「WEBが苦手」であるということ。

せっかく良いものを持っていても「認知」してもらわなければ意味がありません。
(※集客に悩まなくても良いほど天才的な才能があれば、話は別です。)

正直いって、僕は天才的な才能のあるミュージシャンではありません。
才能があれば、こんな情報を知らずとも、音楽でご飯が食べられているはずですからね…(苦笑)

しかし、こうしてマーケティング的な思考を学んだことで、今ではフリーのシンガーソングライターとしても、活動することができています!!

もしも、僕のように「WEBを使った集客の方法をさらに学びたい!」という方は、下記のフォームよりメルマガに登録してみて下さい!
全くのWEBビジネス初心者だった僕が、WEB集客のプロにまで成長することができた「きっかけとなるストーリー」をお伝えさせていただきます。

また登録者様限定で、初心者でも正しいブログの作り方を迷わず学べる「ガイドブック」を無料プレゼントしておりました。
実際に音楽仲間にも活用してもらっていますが、「動画解説もあるから分かりやすい!」と評価をいただけています。

音楽活動の中心となる「ブログ」は、絶対に持っておいた方が良いメディアになりますので、この機会に構築してみてはいかがでしょうか?

今の時代は、天才でなくても「実力×発信力」さえあれば、音楽でご飯を食べることが可能な時代です。

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

また、もしも今のあなたが

・音楽活動からの収入を増やしていきたい。
・バンド・シンガーソングライターの活動を仕事にしたい!
・WEBを上手に使って、自分の作品ももっと多くの方に届けたい!

これらに少しでも興味があるのならば、僕が「シンガーソングライター」×「ケアマネ」×「パパ」という多忙な日々の中でも、どのようにブログに取り組んできたのか?を無料メルマガにまとめて配信していますので、よろしればご覧になってみて下さいね!

↓無料メールマガジンのご登録は下記からどうぞ↓





         
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Profile


Dual Work Designer:優斗
 
1989年生まれ、生粋の岩手県民。
 
長男の誕生により「家族との時間を増やしたい」と思い、ケアマネジャーとして働く傍ら、こっそり副業で始めたブログがキッカケとなり独立起業。
 
ブログを始めて1年で
年商1200万円を達成しました。
 
現在は、
WEBを使った働き方で手に入れた
自身のライフスタイルから
 
「今の暮らし」×「理想の暮らし」
=DUAL LIFEを実現したい!
 
という方に向けて、
WEBビジネス初心者でも、
ブログ集客の方法を最短で身につけて
結果を出せるコンサルティングサポートを実施中。
 
>詳しいプロフィールはコチラ

おすすめ記事

無料登録でプレゼントをGETする!