Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. トレンドブログ攻略
  4. トレンドブログ|芸能人の画像は著作権的にセーフ?アイキャッチNG例も!

トレンドブログ|芸能人の画像は著作権的にセーフ?アイキャッチNG例も!

初心者さん
「 芸能人の画像」なんて勝手に使ってもOKだよね〜!
優斗
コラコラコラ〜!そんなことをすると著作権に引っかかって、最悪の場合ペナルティの対象になるよ!!

こんにちは!優斗(@yuto_duallife)です。

この記事で学べること・芸能人の画像使用時における著作権について

・本当にあった「アイキャッチに芸能人画像を設定した」怖い話…

「芸能人ネタ」はトレンドブログに取り組んでいる方ならば、アクセスの爆発を狙って取り組んでみたいジャンルの一つかと思います。

しかし、トレンドブログ内に芸能人の顔画像などを掲載すると著作権に引っかかることがあり得ます。

そこで、今回は芸能人の画像を使用する上での悩みを解決していきます!

トレンドブログで芸能人の画像を使うと著作権的にOUT?

優斗
確かに、芸能人は露出の多い職業ですが、芸能人を被写体にした写真・画像作品には、もちろん著作権が発生しますよ!

トレンドブログで芸能人の画像を使うこと。

それは、著作権的にOUTです。

なぜなら、それを職業にし、ご飯を食べている人がいるからです。

これは、絵画やイラストなどにおいても同じこと言えますが、

一つの作品が生まれるまでには、多くの人が関わり、沢山の手間がかかっています。

そんな風に考えると、目に見えない部分に見出される価値というのはとても多いことが分かりますよね?

また、画像の中に写っている芸能人の方には肖像権というものも発生しています。

肖像権は他人から無断で写真や映像を撮られたり無断で公表されたり利用されたりしないように主張できる考えであり、人格権の一部としての権利の側面と、肖像を提供することで対価を得る財産権の側面をもつ。また、肖像を商業的に使用する権利をとくにパブリシティ権と呼ぶ。

引用:Wikipedia

このように、芸能人の画像をトレンドブログで勝手に使用することは、著作権や肖像権に触れる可能性のある危険モラル違反の行為といえます。

アイキャッチ画像に芸能人の画像を使用したNG例…

優斗
最悪の場合、訴訟を起こされることもあるようですよ…

これは、僕が知人繋がりで耳にした、実際に起きたことなのですが、

トレンドブログに取り組んでいたとある方が、なんの悪気もなくアイキャッチ画像に芸能人の画像を使用していたそうです。

すると、ある日…

芸能事務所から次のような内容のメールが届きました。

芸能人○○の画像を無断で使用していることを確認致しました。直ちに削除しない場合には、法的な手段を取らせていただきます。(※この文章は簡略化したものです。)

こんなメールが届いたら、背筋が凍りつきそうになりますよね…。

その方は、アイキャッチ画像に使用していた芸能人の画像を速攻で削除したことで、難なきを得たそうですが、最悪の場合には、訴訟を起こされて罰金を支払わなければならなかったかもしれません。

ブログを運営していると、ついつい見栄えアクセスUPのために芸能人の画像を使用したくなる気持ちは分かりますが、こんな危険を犯してまでも芸能人の画像を使用する必要はあるのでしょうか?

正直、僕の感覚だと芸能人の画像を使用しても、しなくてもアクセス数にそれほど変わりはないと思います。

むしろ、大切なのは「タイトル」ですので…。

トレンドブログの場合、

タイトル:記事文章=9:1

と言っても良いくらい、タイトル作りが超大切です。

芸能人の画像を使いたい場合の抜け道はある…?

“初心者さん”
でも、どうしても芸能人の画像を使いたいです!何か方法はありませんか?
優斗
【結論】ええ…っと、無くはないですね!汗

トレンドブログ内で、どうしても芸能人の画像を使いたい!という方にお伝えできる唯一の方法があるとすれば…

SNSの投稿を使用することです。

例えば、芸能人ご本人が投稿しているSNSの投稿をそのままブログに貼り付ければ、何にも問題はありません!

撮影しているのも、芸能人自身だし(著作権問題クリア!)、写っているのも芸能人自身(肖像権問題クリア!)という訳です。

例えば僕は過去に「とある女優さんが妊娠した?」というような記事を作成したことがありますが、

そのときには僕が行ったことは、

その女優さん本人が投稿していたSNSの「過去の投稿」と「最近の投稿」を掲載して、体型が変わっていないか比較することでした。

これにより「妊娠」の噂について、エビデンス(=根拠)を述べながら記事を仕上げることができたんです。

このようにSNSの投稿を活用することで、なんの問題もなく芸能人の画像をブログ内で紹介することができます!

(※もちろん、最も正しい芸能人の画像の使い方は、ご本人や芸能事務所から許可をいただいた上で使用することです。)

初心者くん
一般人が撮影した芸能人画像は使用していいんですか?
優斗
これに関しては、グレーですね。

もしも、真っ先にペナルティーの対象となるのならば、その一般人の方が挙げたSNSの投稿になります。

しかし、拡散に協力したことには変わりありませんので、もしも警告を受けた場合には対処をする必要があります。

また、一般人の方が投稿したSNSの投稿が著作権などの問題でペナルティを受けて、強制的に削除された場合には、ブログの中に埋め込んだSNSの投稿部分が「空欄」になります。

このことをリンク切れといいます。

元々の投稿内容が削除されてしまった訳なので、ブログを開いてもSNSの投稿内容が表示されなくなってしまうという訳です。

【「リンク切れ」を管理できるオススメのプラグインはこちら】

このリンク切れにしっかりと対処できていないと、せっかくあなたのブログに訪れて下さった読者の期待を裏切る行為となってしまうので、ブログからの離脱率が上がり、Googleから受けるブログ全体の評価も低下してしまいます。

スクリーンショット、キャプチャー画像でも引用元を示せば使用して良い?

初心者くん
ねー、ねー、優斗さん!たまにこんな画像の使い方を目にすることがあるけど、これはOKなの?

(例)引用元:いらすとや

(例)または…、引用元:https://www.irasutoya.com/2018/09/blog-post_51.html

優斗
確かに、よく目にするよね…。でも、これに関しても正直グレーかな!(汗)

「引用元」または「出典元」と書いて、サイト名やサイトのURLを明記することで芸能人の画像を使用しているトレンドブログは確かに存在します。

しかし、これに関しても冒頭でお伝えしたように、著作者や芸能人ご本人に対して、敬意を払っている行為と言えるでしょうか?

例えば、上記の画像の例をご覧いただきたいのですが、

引用元を示しているのに、それらの文字のサイズが極端に小さくなっています。

これでは、どこから引用してきたものなのか分かりにくいですし、本当に作品の価値を紹介したい!という意思があるのかどうかは、疑わしい部分があります。

仮に、自分が芸能人本人だったり、作品を生み出したカメラマンだと想定したときに、100歩ゆずって勝手に画像作品が使用されることを許したとしても、こんな適当な紹介のされ方をしていたのでは、イラッとするのではないでしょうか?

そもそも、勝手に芸能人の画像を使用すること自体NGな行為なのですが、この方法に大きく欠落しているのは、芸能人や作者に対する敬意だと僕は思います。

【合わせて読みたい】

まとめ

優斗
今回は「トレンドブログ|芸能人の画像は著作権的にセーフ?アイキャッチNG例も!」と題して、お送りしました!

トレンドブログと聞けば「芸能人のスキャンダルを書くんでしょ??」なんて思われる方もいらっしゃいますが、必ずしも、そうとは限りません。

トレンドブログで書いていく内容というのは、「トレンド性のあるネタ」になります。

トレンド=芸能系と勘違いをして、本当のトレンドの正体に気づけないでいる方も沢山いらっしゃいますが、

トレンドというのは、世の中が「興味」のあるものの流れになりますので、必ずしもトレンド=芸能人ではありません。

また、このトレンドというものの本当に意味に気づけるようになると、世の中の流れを掴む能力を身に付けられることになりますので、どんなビジネスをやっても、うまくいくようになりますよ!

ぜひ、トレンドブログに取り組んでいる方は、目先の利益だけではなくて、トレンドブログに取り組むことで得られる付加価値の部分にも、もっと目を向けてみてはいかがでしょうか?





         
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Profile


Dual Work Designer:優斗
 
1989年生まれ、生粋の岩手県民。
 
長男の誕生により「家族との時間を増やしたい」と思い、ケアマネジャーとして働く傍ら、こっそり副業で始めたブログがキッカケとなり独立起業。
 
ブログを始めて1年で
年商1200万円を達成しました。
 
現在は、
WEBを使った働き方で手に入れた
自身のライフスタイルから
 
「今の暮らし」×「理想の暮らし」
=DUAL LIFEを実現したい!
 
という方に向けて、
WEBビジネス初心者でも、
ブログ集客の方法を最短で身につけて
結果を出せるコンサルティングサポートを実施中。
 
>詳しいプロフィールはコチラ

特集記事

無料メルマガ登録でプレゼントをGET!